土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

初めて見る

どうやら妹が“おたふく風邪”になったようだ。
はじめは左の顎から首にかけて腫れて、痛みは無いけど心配なので普通のお医者さんに行かはった(普通って変だけど)。
すると「うちでは分からないので、耳鼻咽喉科に行ってください」と言われたらしい。
「はぁ??それでも医者?」と私は思ったが、そんなもんなのか?
その後、右側も腫れてきて少し痛みだしたので、耳鼻咽喉科に行くと「熱が出たらおたふく風邪ですね」と言われたそうだ。
それから2,3日経つが、一向に熱が出ない。
けれど首から顎にかけての境目が無くなって、えらくおかしな顔になってはる。
「もう二度とおたふく風邪にはならへんから、記念に写真撮っといたら?」と私が言うと、ほんまに携帯で写真を撮ってはった。
そう、会社を休んで寝てはるが、妹は至って元気。

数日前、私はおたふく風邪を済ませているのか?と思い母に聞いてみた。
「あなたは確か予防接種をしてると思うよ」と言われたが、心配だから母子手帳を見てみる。
ぱらぱら開いていると、確かに「おたふく風邪に対する免疫ができました」と書かれた葉書が出てきた。
それと一緒に数枚のメモも出てきた。
見慣れた母の字で、一週間ごとの身長体重、離乳食のメニュー、生後半年後からの私の行動などが書かれてあった。
自分のことが書いてあるらしいが、恥ずかしいような、面白いものを見るような、不思議な気持ちで読んだ。
母らしいな…としみじみ思った。
[PR]
by mole-mole | 2006-02-04 23:38 | mole缶