土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

浅礁(あさぐり)

本日は浅礁へ行って来た。
今回は妹も一緒。これは初めてのこと。

午前中は雨が降ったり止んだりの、すっきりしないお天気。
前日までの雨の影響で、道路のところどころで斜面が崩れていたり、長いトンネルのライトが一つもついていない、真っ暗トンネルがあったり…。
地上でも影響が出ているこの雨は、海にも出ていた。
浅いところはすごく濁っていた。
幸い深めのことろはまだましな状況だった。

3チームに分かれて、それぞれエントリー。
私のチームはいつもとは少し違うことが、いくつかあった。
まず、風邪をひいていた妹が耳抜きが出来ず、潜降出来なかったこと。
なんと二本とも!本当にかわいそうだった。
潜降した順に、下で待っても待っても、妹とインストラクターさんが降りてこない。
しばらくして、インストラクターさんだけが降りてこられ、妹がダイビングを断念したことを知った。
もう一つは、年配の方のエア消費が激しく、二本とも先に浮上されたこと。
その間、4名は水底でお魚観賞しながら待っていた。

今日の海は水面では波があり、かなりボートが揺れていた。
船酔い者続出。私は酔い止めパワーでへっちゃらでしたが。
水深5~8mのところでも流れがすごかった。
ぼーっとしていたら、はぐれそうになるような流れだった。
透明度はイマイチだったが、2本目は魚影が濃かった。
アジやイサキの群れが、通り過ぎてもまたやってくると言った状態で、ずっと周りに居るように感じた。
初めて通るトンネルでは、サンゴが頭上にあり、どきどきの通り抜けをした。
サンゴはどんどん成長しているらしい。
次回行く時、それを見る楽しみが出来た。
浅礁は地形が変化に富んでいて、とても面白いポイントだと思った。

出会った海の生物(印象に強く残ったもの)
・手渡されたヤドカリ。  
・ひっくり返されたあわびが、もにょもにょ動き自力で正常な状態に戻るところ。
↑うまく戻れた時、みんなで音の無い拍手。
・私より下にいるメバルが3匹、斜め45℃上を見ながらホバリング。
じっとこちらを見ていた。不思議な光景だった。
・○○ギンポ。穴から顔を出し、きょろきょろしていた
むっちゃ小さく、その表情に愛嬌が有りかわいかった。
↑インストラクターさんが変なあだ名で呼んでいたので、名前が分からなーい(笑)。


ダイブNO.30 福井県高浜町 浅礁 トンネル 小雨 気温28℃ 
水温22.8℃ 深度18.6m 潜水時間46分  ファンダイビング

ダイブNO.31 福井県高浜町 浅礁 トンネル 晴れ 気温29℃ 
水温23.6℃ 深度18.8m 潜水時間44分  ファンダイビング
[PR]
by mole-mole | 2006-07-25 22:49 | 水中散歩