土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

水中清掃

昨日は音海のお掃除ダイビングに参加した。
昨年に続き2度目。
いつもより1時間早いshop集合、なんとam5:30。
ねむねむで出発。

昨年と違うのは、今回は2本水中清掃で3本目はファンダイビングということ。
1日に3本も潜るのは初めてかもしれない。
2本は水中清掃が目的なので、とにかく水底近くのダイビング。
空き缶、空き瓶、疑似餌…。
昨年よりぐっとゴミは少なかった。
良いことなんだけど、ちょっと物足りないお掃除だった。
お陰で、お魚を見る時間が増えました♪

初めてウミケムシを見た。
思ったより綺麗だったので、何て名前か知るのを楽しみにしていたら、インストラクターさんは顔をしかめながら、「それはウミケムシやで」と言わはった。
釣り人の嫌われ者らしい。
3cmくらいのタツノオトシゴを3匹。かわいかった~。
ウスユキミノガイ。これは海から上がってから本で調べてわかった。
綺麗な服をまとった貝だと後で分かったが、見た時は「何者??」と不思議だった。
ヨウジウオ、タコ、アメフラシ、ウリクラゲのこども、ギンポ。
そうそう、私の見つけた空き缶の中にギンポさんが住んではった。
そのままインストラクターさんに持って行き見せたら、ちょっと振ってみて出てこないのを確認しはる。
そして、「このまま置いておきましょう」と手の平を見せて合図。
住処になっていたら、もうゴミではないってことか(笑)。
なっちゃんギンポとこっそり呼んでいます。

3本目のファンダイビングは普段あまり行かないポイントだった。
私の中では“日本海でこんなにウミウシを見たのは初めて”というくらいウミウシがいっぱいだった。
ダイダイウミウシ、シロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、泳いで移動中のユビウミウシ。
髪の毛(?)ふさふさのトウシマコケギンポ。
この子の顔はほんと愛嬌たっぷり。かわいいやつです。
ミズクラゲがうわ~っといたその光景を下から見上げると、とても幻想的だった。
クラゲって、見ていると和みます。

楽しかったダイビングだが、ちょっと3本は疲れた…というのが本音。
かなりぐったりして帰宅。
帰宅したら、元気いっぱいのサラが迎えてくれた。
今日は1日サラは一人ぼっち。
心配だったので隣のおばちゃんに15時にミルクをやってもらうように頼んでいった。
引き受けてくれたおばちゃんに感謝。
お陰でダイビングを思う存分楽しめた。


ダイブNO.56 福井県高浜町音海 漁港前  晴れ 気温19℃
水温19℃ 最大深度10.2m 潜水時間45分 水中清掃

ダイブNO.57 福井県高浜町音海 スロープ前 晴れ 気温20℃
水温19.5℃ 最大深度10.5m 潜水時間38分 水中清掃

ダイブNO.58 福井県高浜町音海 立礁 晴れ 気温20℃
水温18.1℃ 最大深度20.5m 潜水時間46分 ファンダイビング
[PR]
by mole-mole | 2007-06-04 23:02 | 水中散歩