土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:陶工房でのあれこれ( 85 )

筆の作業

本日もバイトへ行ってきた。
今日は筆を持ってする作業onlyだった。
先日は“動”。
本日は“静”。

椅子に座り、器を左手に筆を右手に持ち、ひたすら鉄の色を差す。
筆使いがまったくなっていない私には、しんどい作業。
最初は恐る恐るだったが、数をこなしていくうちに慣れていくことが出来た。

仕事を教えてもらえるし、いろんなお話を聞かせてもらえるし、お給料がもらえるし…。
何だか私が得している気分。
その陶芸家さんは、どこに行っても友達を作るのが上手いようだ。
なので、いろんな分野の知り合いがいはる。
そして、そのつながりでいろんなことを知ってはる。
この機会に私の疑問も聞いてもらえたし、作品を見てもらい感想やアドバイスももらえた。
御夫婦揃って優しくいい方々。
ここでバイトが出来て、本当に良かったと思う。

来週も2日、同じ作業をすることになる。
今度はもう少し早く仕事をこなすことが出来ると思う。
うんと役に立ちたいと思う。



そうそう、私の腕の報告を。
先日ひたすら土揉みをして、明日が怖かった私ですが、なんてことはなかったんです。
そして今日も何ともない!
太い私の腕は伊達ではなく、しっかり筋肉があったようです(笑)。
ますます太くなりそうですが。。。
[PR]
by mole-mole | 2006-10-05 20:02 | 陶工房でのあれこれ

100kg

本日は陶芸家さんの家にアルバイトに行ってきた。
こういう経験は初めてで、私で役に立つのか不安だったがなんとかこなしてきました。

忙しいその方は、なんと朝4:00からお仕事をされていると聞きびっくり!
私はのこのこと9:00にお宅へ行った。
「じゃ、まず土練って。」
私が一回に土揉み出来る量は、4kg~5kg。
私が練った土で、その方がロクロで水挽きしていく。
人のために土を練ったことが無いので、“す”が入っていないか不安で仕方ない。
(後で、小さい声でどうだったか聞いたが、大丈夫だったとのこと。合格点で一安心。)
5玉程練ったところで、今度は違う作業をすることになった。
底のざらざらをサンドペーパーで取る作業。
次はお皿の裏に撥水剤を塗る作業。
お昼を挟み、また土練り。
湯のみの梱包、箱詰め。
また土練り。

帰り際、「今日私は何kgほど、土揉みしましたか?」と聞いてみた。
ざっと数えて、100kgは揉んだそうだ。
1玉150回くらい菊練しているし、計算すると…
150回×20玉=3000回の菊練り!!
ハジメテデス、コンナニ土揉ミシタノハ。。。。。


帰りの車の運転で、腕をハンドルに上げているのがつらく、
今はさらにパソコンに置いている手は力なく、
肘から下はだるだるです。
明日は…考えるとコワイ(笑)。
[PR]
by mole-mole | 2006-10-03 21:47 | 陶工房でのあれこれ

待ちきれず、熱いうちに

a0064291_2244788.jpg
昨日の19:00に終わった窯が、やっと100℃を切ったので蓋を開ける。
明日まで待ちきれないので、さっき(21:30)窯出しをした。

ちょっとしたハプニングもありつつ、何とか無事に焚けていた。
わくわくした気分と、不安と、その後のほっとした気分。

a0064291_22102880.jpg
サン板に乗せ、部屋まで運ぶ。
まだ熱いので、明日までここで休んでもらおう。
一通りみんなの顔を見たので、私はもう満足。
今日のお仕事はおしまい。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-26 22:14 | 陶工房でのあれこれ

8×11

8×11=88
ちまちまちまちま…作ったアシ。
その後、一輪挿しに接着。
眠くなる単調な作業。
ちょこちょこちょこ…一個一個接着。
普通では置かないでろう置き方をして遊んでみた。
突起の塔の出来上がり。
a0064291_15342097.jpg
私は時々、こうやって数ある物を作った時、“集合写真”を撮っているなぁと、ふと思った。
基本、遊び感覚だからだろうか。
いつも見ている当たり前の風景を少し歪めたい。
デジカメに移るちょっと違った目線を楽しんでいる。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-16 23:49 | 陶工房でのあれこれ

降参…したくないけど

もやもやもや…
やりたいことがやり切れなかったので、もやもやしてます。

最近、手回しロクロで成形をし、電動ロクロで底を少し削る、という作り方をしている。
なので、手回しロクロは大活躍中。

ですが、ここんとこ調子が悪い。
するするする~と割と長く回っているはずのものが、
するするすとん、と止まってしまう。
微かにキイキイと悲鳴も聞こえるし。
油を注しても変わらなかった。

大学時代、そしてそれ以降もお世話になっている先生に、電話をして状況を説明し、どうしたらいいのか聞いてみた。
かれこれ10年以上使っているので、もしかして寿命ですか?とも。
結果、ばらして掃除してみなさいとのこと。
埃や土の粉、そして回転をよくするための油などが混ざってコテコテになっているで、掃除して、グリスを塗るように教えてもらった。

早速、スパナを持ってきて、六角ボルトに合わせて緩め…。

歯が立たない。
うんと頑張ってみたけど、1mmも動いていないような硬さだった。
仕方ないのでホームセンターへ行き、充電式のインパクトドライバーに差し込める六角のソケットを買ってくる。

インパクトにはめて、さあどうだ!

駄目でした。回りません!
なんで~?
私の頭で考えられるのは、ここまでです。
後、思いつくのは充電式ではないインパクトドライバーを使うことくらい。
でもそれはうちには無い。
来月、父の所に持って行ってみてもらうしかないか…。

自分でなんとかしたかったのに。
悔しいです。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-01 22:03 | 陶工房でのあれこれ

活躍する眉とまつげ

1日夜から2日午前中にかけて焚いた窯が、昼頃に何とか冷めたので窯出しする。
100℃を切ったら窯の蓋を全開にする。
予定では3日に焼成だったが、窯が冷え切ってしまうのはもったいない。
余熱を利用して、今日焼成することに急遽決めた。

60℃くらいある窯に顔を突っ込んで、焼けた物を取り出していく。
そうすると、面白いくらい顔に汗をかく。
ここで大活躍するのが、眉とまつげ。
普段はその存在をそれほど意識しないが、滝のような汗の時は威力発揮。
流れる汗が目に入らないようにきっちりガード。

窯出しが済めば、即窯詰めをする。
窯はまだ50℃くらいあり、棚板に並んだ招き猫に汗がポタ…。
塩の影響で招き猫に模様が出来たらどうしよう…と笑える姿を想像しつつ、窯詰め終了。
pm1:15から焼成開始。
これならなんとかam2:00に終わるだろう。
ほっとして昼食。

今日の焼成で、予定を前倒し出来た。
後は5日に最終焼成。
“困った注文”の招き猫達も、大(高さ20cm)12個、小(高さ10cm)26個は何とか納品出来るだろう。

今日の空
雲の淵から漏れる光が素敵だった
a0064291_19352865.jpg
[PR]
by mole-mole | 2006-08-03 19:42 | 陶工房でのあれこれ

フル回転

陶器まつりに向けて、窯焚き週間が始まった。

7/31 素焼き
以下は予定。
8/1~2 pm10:00~am11:00頃まで焼成。
8/4 窯出し→窯詰め→焼成
8/6 窯出し→窯詰め→焼成(これは無理かも…)

6日はテントの設営で、五条の方へ出かけなあかんし。
猫の手も借りたい状態です。

本日の夕焼け。
a0064291_19353776.jpg
[PR]
by mole-mole | 2006-08-01 19:04 | 陶工房でのあれこれ

夏休み

朝10:00、友人は開店と同時にお店に入りスイカを購入。
駅前で私は車を停めて、友人がその重いスイカを運んでくるのを待つ。
二人で大学の先輩の家に向かう。

今日は先輩の家に3ファミリーが陶芸をしに来はるので、そのお手伝いをしに行く。
「バーベキューもするしね。」という楽しいオプションが付いていたので、二つ返事で参加させてもらった。

3ファミリーはお父さんお母さんが6名、子供達が5名。
私たちを合わせて総勢14名になった。
わいわいバーベキューを済ませ、子供達から陶芸を始めていく。
紙に自分の作りたいものの絵を書いてきていたので、それを見ながら希望に副えるよう、ちょこちょこお手伝いをする。
私は“家の形をした蚊取り線香入れ”を作る女の子を主に見ていた。
どうやって作ったら簡単に、時間をかけすぎないで作れるかを、最初に考えるのが一番難しかった。
これが完成図。
じっくりよく頑張って作らはったと思う。
a0064291_23364822.jpg
↓これは男の子が作った怪獣の貯金箱。
個性的で私はすごく好きだ。
a0064291_2340719.jpg
陶芸が終わったら犬と一緒に散歩。
近くを流れている川で、犬と子供達は水遊び。

家に戻り、今度はスイカ割りをセッティング。
タオルで目隠し、3回まわってからスタート。
家の中でスイカまでの距離は短かったけれど、初めてするというスイカ割りを楽しんでくれたようだ。
友人が何度もスイカを叩いて美味しそうなのを選んでくれたので、スイカは甘くて美味しく大好評だった。
a0064291_23472096.jpg

3ファミリーが車に乗って帰るとき、子供達は私達が見えなくなるまでガラス越しに手をぶんぶん振ってくれた。
楽しんでくれたようで良かった。
同じように私も久しぶりの夏休みを味わえて、とっても楽しかった。
私の家からそんなに離れてないのに、ちょっとした旅行にでも行ったかのよう。
美味しい空気、美味しいご飯、楽しい空間が私を軽くしてくれたようだ。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-30 23:19 | 陶工房でのあれこれ

これは愚痴?

今回はめし碗、茶づけ碗の柄を変えてみた。
めし碗を伏せたところ↓a0064291_2229345.jpg
2週間程前に焼いたものを、今頃底処理をしている。
焼成は7/5↓
窯出しは16日。それまで窯の中に置きっぱなし。
出したものを窯場に一旦置いておく↓
今日やっと底をきれいに出来た。

やる気がまったく無い状態が長く続き、さすがにまずいと思い始める。
ここ数日は少しずつ制作している。
時間を掛けて、手間のかかるものを作ってみる。


ことの始まりはここからかな?

先月、いつも納品しているところから、急に「このシリーズの物を一旦ストップしたい」と告げられる。
仕方ないのでそれを受け入れるが、気持ちがかなり落ち込んでしまった。
次の新しい物を考えてと言われるが、そうそう気に入ったものは出来ない。
どんどん考えが隅っこの方で固まってしまい、
「どうせ下代を値切られるのなら、手間を省きたい」とか
「早く、沢山出来る方法は?」
と、浅ましい考えに走ってしまっていた。
挙句に、制作意欲まで無くなる始末。

友人の「無理して作ることは無い」と言う言葉も、最初は受け入れられなかった。
生活かかってるし、そうは言ってられないと。
けれど、今はその言葉に従い楽になった。
何とかなるよ、そのうち開けるって思うようになれた。
貧乏なくせに、ダイビングへ行くは、友人とランチへ行くは…と散財していますが、これは私の肥料だと思い今したいことをしている。

陶芸を“しんどい”と思うことはたくさんあるけど、
続けることを“つらい”と思ったことは無い。
そう思ってしまったら、私の中で終わり。
今回は少し危なかったかな(笑)。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-18 23:08 | 陶工房でのあれこれ

ぱたぱたひな壇

今日は木工の日に決めた。
陶器まつりやクラフトフェアに使うために、3段の展示台を作ることにした。
先日、大学時代の先輩に見本を見せてもらい、寸法なども教えてもらった。
9ミリ合板の1800×900、このサイズをどうカットするかを昨日紙の上で考えた。

いざ、朝からホームセンターへ。
合板と蝶番を買い、午前中は自作の図面を見ながら寸法を木の上に乗せていく。
途中、昨日は完璧だと思っていた自分の図面に誤りがあることが発覚。
何とか調節して、午後からジグソーでカットする。
まっすぐカットするのって難しい。きちんと“あて”をしていたのに…。

カットの後は、ギザギザが手に刺さるので面取り。
結構時間がかかる~。
そろそろ疲れが出てくるが、次は蝶番を取り付ける。
やったぁ、出来たと思ったら、上手くたためない!
また寸法を間違えていたようだ(笑)。
おまけに蝶番を外そうと思ったら、ビスの目を潰して空周り…。

休憩だ、休憩。

気を取り直してもう一度ホームセンターへ行く。
今日ですべて終わらせたかったけど、もう暗くなってきたので、作業は終了。
ぱたぱたひな壇の2号は何とか形になったので、アップします。
ぱたぱた1号は明日、蝶番で仕上げるぞー!!
a0064291_2244741.jpg

a0064291_22572.jpg
[PR]
by mole-mole | 2006-07-12 22:09 | 陶工房でのあれこれ