土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夏休み

朝10:00、友人は開店と同時にお店に入りスイカを購入。
駅前で私は車を停めて、友人がその重いスイカを運んでくるのを待つ。
二人で大学の先輩の家に向かう。

今日は先輩の家に3ファミリーが陶芸をしに来はるので、そのお手伝いをしに行く。
「バーベキューもするしね。」という楽しいオプションが付いていたので、二つ返事で参加させてもらった。

3ファミリーはお父さんお母さんが6名、子供達が5名。
私たちを合わせて総勢14名になった。
わいわいバーベキューを済ませ、子供達から陶芸を始めていく。
紙に自分の作りたいものの絵を書いてきていたので、それを見ながら希望に副えるよう、ちょこちょこお手伝いをする。
私は“家の形をした蚊取り線香入れ”を作る女の子を主に見ていた。
どうやって作ったら簡単に、時間をかけすぎないで作れるかを、最初に考えるのが一番難しかった。
これが完成図。
じっくりよく頑張って作らはったと思う。
a0064291_23364822.jpg
↓これは男の子が作った怪獣の貯金箱。
個性的で私はすごく好きだ。
a0064291_2340719.jpg
陶芸が終わったら犬と一緒に散歩。
近くを流れている川で、犬と子供達は水遊び。

家に戻り、今度はスイカ割りをセッティング。
タオルで目隠し、3回まわってからスタート。
家の中でスイカまでの距離は短かったけれど、初めてするというスイカ割りを楽しんでくれたようだ。
友人が何度もスイカを叩いて美味しそうなのを選んでくれたので、スイカは甘くて美味しく大好評だった。
a0064291_23472096.jpg

3ファミリーが車に乗って帰るとき、子供達は私達が見えなくなるまでガラス越しに手をぶんぶん振ってくれた。
楽しんでくれたようで良かった。
同じように私も久しぶりの夏休みを味わえて、とっても楽しかった。
私の家からそんなに離れてないのに、ちょっとした旅行にでも行ったかのよう。
美味しい空気、美味しいご飯、楽しい空間が私を軽くしてくれたようだ。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-30 23:19 | 陶工房でのあれこれ

室温32℃

お昼過ぎ、土を買いに出かける。
車で片道30分。
行きは私の体重だけの車が、帰りはプラス120kgになりかなり重くなる。
それだけ加速も悪くなり、必死にアクセルを踏むところもあり。

帰宅してからしんどい作業が待っている。
10kgの土を「えいっ」と2本持って車から土置き場までふらふら歩く。
12本買ったから、6往復。汗だくになりました…。

お茶を飲み、顔を洗い、着替えを済ませて制作再開。
仕事場である部屋は窓が西側にあり、昼からはどんどん日の光が入ってくる。
温度計を見ると32℃、見ただけでもっと暑くなった。
暑いけどクーラーはまだ我慢、我慢。
陶器まつりまでは、この暑さに体を慣らすため何とか無しで行こうと思っている。

本日考案、ひんやり手ぬぐい。
手ぬぐいの両端をそれぞれ結び、簡単なポケットを作り、そこに小さめのアイスノンを入れて首に掛ける。
鎖骨のあたりにアイスノンが来て、まぁまぁ涼しかった。
扇風機と、このひんやり手ぬぐいで本日は乗り切る。

夕方、数日前から聞こえ出したヒグラシの鳴き声が。
あの鳴き声は聞いていると落ち着くし、気温まで下げてくれるように感じた。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-26 23:50 | mole缶

浅礁(あさぐり)

本日は浅礁へ行って来た。
今回は妹も一緒。これは初めてのこと。

午前中は雨が降ったり止んだりの、すっきりしないお天気。
前日までの雨の影響で、道路のところどころで斜面が崩れていたり、長いトンネルのライトが一つもついていない、真っ暗トンネルがあったり…。
地上でも影響が出ているこの雨は、海にも出ていた。
浅いところはすごく濁っていた。
幸い深めのことろはまだましな状況だった。

3チームに分かれて、それぞれエントリー。
私のチームはいつもとは少し違うことが、いくつかあった。
まず、風邪をひいていた妹が耳抜きが出来ず、潜降出来なかったこと。
なんと二本とも!本当にかわいそうだった。
潜降した順に、下で待っても待っても、妹とインストラクターさんが降りてこない。
しばらくして、インストラクターさんだけが降りてこられ、妹がダイビングを断念したことを知った。
もう一つは、年配の方のエア消費が激しく、二本とも先に浮上されたこと。
その間、4名は水底でお魚観賞しながら待っていた。

今日の海は水面では波があり、かなりボートが揺れていた。
船酔い者続出。私は酔い止めパワーでへっちゃらでしたが。
水深5~8mのところでも流れがすごかった。
ぼーっとしていたら、はぐれそうになるような流れだった。
透明度はイマイチだったが、2本目は魚影が濃かった。
アジやイサキの群れが、通り過ぎてもまたやってくると言った状態で、ずっと周りに居るように感じた。
初めて通るトンネルでは、サンゴが頭上にあり、どきどきの通り抜けをした。
サンゴはどんどん成長しているらしい。
次回行く時、それを見る楽しみが出来た。
浅礁は地形が変化に富んでいて、とても面白いポイントだと思った。

出会った海の生物(印象に強く残ったもの)
・手渡されたヤドカリ。  
・ひっくり返されたあわびが、もにょもにょ動き自力で正常な状態に戻るところ。
↑うまく戻れた時、みんなで音の無い拍手。
・私より下にいるメバルが3匹、斜め45℃上を見ながらホバリング。
じっとこちらを見ていた。不思議な光景だった。
・○○ギンポ。穴から顔を出し、きょろきょろしていた
むっちゃ小さく、その表情に愛嬌が有りかわいかった。
↑インストラクターさんが変なあだ名で呼んでいたので、名前が分からなーい(笑)。


ダイブNO.30 福井県高浜町 浅礁 トンネル 小雨 気温28℃ 
水温22.8℃ 深度18.6m 潜水時間46分  ファンダイビング

ダイブNO.31 福井県高浜町 浅礁 トンネル 晴れ 気温29℃ 
水温23.6℃ 深度18.8m 潜水時間44分  ファンダイビング
[PR]
by mole-mole | 2006-07-25 22:49 | 水中散歩

その時、醜い

さっきまで、私はすごく怒っていた。
とりあえず自分のことはそっちに置いといて、ある方にとても腹を立てて、そのことをどう処理したらいいのか、困っていた。

怒って困って。でも仕事の手は止めないで。


お昼過ぎ、商品を卸している所から電話があった。
「あんなぁ、先日の話なんやけど…」から始まった。
先日の話とは…
一昨日納品に行った時に、サンプルをあげて欲しいと、その会社の別の方から話をもらっていた、それのこと。
急ぎだと言うことで、今日作ってみて扇風機の前で必死の乾燥をしていた。
「あれは無しにして、これこれこうやって作って欲しいのよ。」
とあっさり言われる。
半ばあっけに取られながら、「はい、それで?」と答えていた。

私の努力(少しだけど)は、ものの数秒で消滅させられた。

おまけに次の提案というか注文を聞き、思考能力が少しおかしくなったのかも。
8/6まで(12日間で)に招き猫を大小合わせて60個作ってとのこと。
頑張ります、とか言って引き受けてしまう私!

慌てて制作開始。
そして到底無理だと悟る。
8/7からは4日間の陶器まつりがあり、その焼成や用意がある。
無理しすぎた体では臨めない。
白旗揚げて、「その半数しか出来ないと思います」と連絡をいれた。
その後も制作しながら、ふつふつと怒りが。

言い出したらきりなく醜い言葉が出てくるが、簡単に言えば
ぎりぎりの納期に対して、そして思いやりを全く感じない言い方に対して、怒っていた。
仕事欲しさに、引き受けるのも問題やなぁ。
見切りを付ける、という言葉が頭に浮かんだ。
仕事を選べる立場には無いが、せめて少しの思いやりがお互いにないと、きっとその関係は駄目になる。
今でなくても、いつかは…。
最近、身にしみてそう思う。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-24 20:14 | mole缶

灼熱の世界へ

a0064291_22585267.jpg



a0064291_2321743.jpg

京都五条坂陶器まつりの案内葉書を作った。
…正確に言うと、友人(I大先生)に原案を持って行き、パソコンで作ってもらいました。
今年は展覧会をしていないので、葉書を出す作業をしていなく、なんとなく寂しかったので出すことにした。

魔の4日間と言っても過言ではない、たいへん濃い時間を過ごすことになる。
案内を見てもらえば「ほんま?」と思うような、9:00am~11:00pmという時間。
自分でも、やっている最中は「なんでこんなに暑い中、外にいるんやろ?」と思ってしまう。
けれど、止められないんですね~。

毎年バケツを何杯もひっくり返したような雨や強風にも遭いつつ、友人と2人でやっています。
お時間がある方は、是非お越しください。
暑いので、それなりの対策はして来て下さいね。

五条坂陶器まつり
8月7日(月)~10日(木)
9:00am~11:00pm  
※時間は天候その他の事情で変更する場合があります。
出店場所 : 五条郵便局の前、郵便局のブースのお隣です。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-20 23:21 | 陶器を持ってお出かけ

ふわふわと上へ

今日は友人のお母さんと昼食を食べに行った。
友人のお母さんだけど、私の友人でもあり、母のような方。
会えるのが楽しみだった。

お店へ行く道中の車から、ご飯を食べてる時、食べ終わってもさらにそこでおしゃべりをしていた。
ずっと話していられそうだった。
「あなたのその笑い声は聞いててほんまにええわ。」
と珍しいことを言わはるけど、言われて素直に嬉しかった。

今日この方に会えて、私はすごく元気になれた。
無性にものを作りたくなった。
お互いが会えて嬉しいと思っていると、すごい力が発生するのかも。
a0064291_23315715.jpg

[PR]
by mole-mole | 2006-07-19 23:32 | 色  …植物、空

これは愚痴?

今回はめし碗、茶づけ碗の柄を変えてみた。
めし碗を伏せたところ↓a0064291_2229345.jpg
2週間程前に焼いたものを、今頃底処理をしている。
焼成は7/5↓
窯出しは16日。それまで窯の中に置きっぱなし。
出したものを窯場に一旦置いておく↓
今日やっと底をきれいに出来た。

やる気がまったく無い状態が長く続き、さすがにまずいと思い始める。
ここ数日は少しずつ制作している。
時間を掛けて、手間のかかるものを作ってみる。


ことの始まりはここからかな?

先月、いつも納品しているところから、急に「このシリーズの物を一旦ストップしたい」と告げられる。
仕方ないのでそれを受け入れるが、気持ちがかなり落ち込んでしまった。
次の新しい物を考えてと言われるが、そうそう気に入ったものは出来ない。
どんどん考えが隅っこの方で固まってしまい、
「どうせ下代を値切られるのなら、手間を省きたい」とか
「早く、沢山出来る方法は?」
と、浅ましい考えに走ってしまっていた。
挙句に、制作意欲まで無くなる始末。

友人の「無理して作ることは無い」と言う言葉も、最初は受け入れられなかった。
生活かかってるし、そうは言ってられないと。
けれど、今はその言葉に従い楽になった。
何とかなるよ、そのうち開けるって思うようになれた。
貧乏なくせに、ダイビングへ行くは、友人とランチへ行くは…と散財していますが、これは私の肥料だと思い今したいことをしている。

陶芸を“しんどい”と思うことはたくさんあるけど、
続けることを“つらい”と思ったことは無い。
そう思ってしまったら、私の中で終わり。
今回は少し危なかったかな(笑)。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-18 23:08 | 陶工房でのあれこれ

BROOCHという絵本

mixiのコミュニティで絵本のことを取り上げているものがあり、絵本好きの私は結構楽しんで見ている。
自分のお薦めの絵本を紹介しているところを見ていて、その中ですごく気になる絵本があったので取り寄せる。
a0064291_061599.jpg
中の紙が特殊。
半透明のパラフィン紙に絵が書いてあり、その透かしを上手く利用してある。
めくる度に少しずつ絵が変わっていく。
不思議な感覚を楽しみながら、最後までページをめくった。
久々にいい絵本に出会えて嬉しい。
[PR]
by mole-mole | 2006-07-14 00:20 | mole缶

ぱたぱたひな壇

今日は木工の日に決めた。
陶器まつりやクラフトフェアに使うために、3段の展示台を作ることにした。
先日、大学時代の先輩に見本を見せてもらい、寸法なども教えてもらった。
9ミリ合板の1800×900、このサイズをどうカットするかを昨日紙の上で考えた。

いざ、朝からホームセンターへ。
合板と蝶番を買い、午前中は自作の図面を見ながら寸法を木の上に乗せていく。
途中、昨日は完璧だと思っていた自分の図面に誤りがあることが発覚。
何とか調節して、午後からジグソーでカットする。
まっすぐカットするのって難しい。きちんと“あて”をしていたのに…。

カットの後は、ギザギザが手に刺さるので面取り。
結構時間がかかる~。
そろそろ疲れが出てくるが、次は蝶番を取り付ける。
やったぁ、出来たと思ったら、上手くたためない!
また寸法を間違えていたようだ(笑)。
おまけに蝶番を外そうと思ったら、ビスの目を潰して空周り…。

休憩だ、休憩。

気を取り直してもう一度ホームセンターへ行く。
今日ですべて終わらせたかったけど、もう暗くなってきたので、作業は終了。
ぱたぱたひな壇の2号は何とか形になったので、アップします。
ぱたぱた1号は明日、蝶番で仕上げるぞー!!
a0064291_2244741.jpg

a0064291_22572.jpg
[PR]
by mole-mole | 2006-07-12 22:09 | 陶工房でのあれこれ

今日もまた

昨日に続き、今日もまたとんぼが来ていた。
よく見ると何と5匹も。
この桔梗には何かあるのか!?
a0064291_22223098.jpg

5匹、探せましたか(笑)?
[PR]
by mole-mole | 2006-07-12 21:20 | 色  …植物、空