土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

海外の妹

今、妹はグァムに行っている。
友人とダイビング中心の旅行を楽しんではる。
羨ましいなぁ。

思えば、私がダイビングを始めようと思ったのは、昨年のこと。
妹と友人が行くはずの旅行で、友人の都合が急に悪くなったらしい。
で、「お姉ちゃん、変わりに一緒に行ってくれへん?」ということになった。
急だったけど、「行っちゃえ。」ってことで行って来ました。
そこで体験ダイビングをし、はまってしまう…。
帰国して京都のダイビングショップを探し、ライセンスを取ることとなる。
私のその決断と行動は、妹もびっくりの素早さだったようだ。

昨年は海洋の状態が悪くて、グァムといえばブルーホール!というポイントには行けなかった。
私はともかく、妹はすごく残念がっていた。
今年はどうだったのかな?と思い、妹がお世話になっているグァムのダイビングショップのホームページを見てみた。
インストラクターさんが書いている日記を読むと、どうやら無事にブルーホールのポイントに行けたようだ。
画像が貼付してあり、嬉しそうな顔で妹が写っていた。
良かった、良かった。

けど、なんか変な感じ。
離れたところにいる妹が、こうやってパソコンの中にいる。
便利な世の中。
でもちょっと気味悪い。
そう思ってしまう、アナログな私。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-30 22:39 | mole缶

消しゴムのハンコ

a0064291_19155099.jpg
5個¥100の消しゴムで遊んでいる。
消しゴムをカッターで彫り、後はスタンプインクを付けてポン!

少し前に友人が教えてくれて、やってみることにした。
その方はまめにお葉書やお手紙を書くので、季節を感じる物をよく彫っていると言う。
私は自覚してますが、絵が下手です(笑)。
これなら何とか形になるか?と思ったが、結構大変。
こうと決めたら、一発で彫ってしまうに限るようだ。
何度も手を加えると、かえっておかしくなる(アイビーは初作なので、少しやりすぎ感あり・笑)。
大変だけど、それ以上に楽しいから作れる。
今度は何を彫ろうかな♪

このあいだ、納品書に押してみた。←いいのか?と思いつつ(笑)。
次は、クラフトフェアで器を買ってくれた方に、“ありがとうカード”として使いたいと思っている。
余裕を持って用意しないと…。
もちろん作品の方も…ね。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-29 19:36 | 消しゴムはんこ

圧力鍋…最近のは静かなんですね。

先日母に買ってもらった圧力鍋を、今日初めて使ってみた。
ビーフシチューを作る。
と、言っても市販のルーで作る簡単なやつです。

野菜とお肉を切って、鍋で炒める。
200ccのお水を入れて圧力鍋の蓋をし、強火で加熱。
蓋の上の重りに変化があったら(約5分後)、弱火にして1分加熱。
火を消して、そのまま置いておく。

そして私はその間、5kgの土を2玉練る。

圧力がおさまった合図を見て、蓋を開けると、しっかり具材に火が通っていた。
すごい!
私が土を計って練っている間に煮えた!
と言っても時間が分かりませんよね。
20分弱でした。

その後は普通の調理と同じ。
ルーを溶かし、少し煮込んだら出来上がり。
30分ちょっとでしっかりこくのあるシチューが戴けました。
美味しかった♪


数日前にこのメーカーの折込み広告を見つけた。
良くある「使って良かった」という、実感の数々が掲載されていた。
母が使っていて、お勧めだと言ってくれたので買ってもらうことにしたが、何も知らなかったら、「うさんくさー」でポイしている広告だった。
そう思うと、少し不思議で何だか笑えた。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-26 23:57 | mole缶

今日の気分で、お題2つ

忘れられた招き猫
今日窯出しした招き猫を納品するため、底をサンドペーパーで綺麗にしていた。
「あっ!」
「え?これも?」
「あ~あ…」
3匹のネコさんたちが、嫁入り不可となる(*_*)
a0064291_18413159.jpg
1匹に1個、忘れ物をしていたのだ。
お鼻のピンク色、鈴の黄色、魚の目の色。
もう一回、焼かれる運命。
出直してきてもらいます。

最近思うこと
私には、2つ離れた妹がいる。
なのに、私が妹に見られることが非常に多い!
いや、最近はほとんどと言っていいほど。

一緒に居るところを見た知人夫婦は、
夫「妹さんがお姉さんみたいやね。」
婦「それゆうたらあかんって…。」

ダイビングshopでは、妹に向かって話しかけるインストラクターさん、
「いつもお姉さんは、冬に妹さんのドライスーツを着て頑張って潜ってはりましたよ。」
少し間をおいて…
「あれ?妹さんですよね?あれ?」

何故?
私に化粧っ気がないから?
髪がショートだから?
私だって、きっちり化粧したら!
…(-_-;)無理か…。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-25 19:20 | mole缶

千島、御神島へ

昨日、ダイビングに行ってきた。
今回の千島、御神島という場所は、このショップからは年に2回程度しか行かないポイントらしい。
普段は漁の網があるが、この時期は無いのでダイビングが出来るとのこと。

天気は曇ったり、時々きつい日差しがあったり、ちょうどいい感じだった。
日焼けも程よくした。(…歳なんで、肌が心配ではありますが)
波もほとんど無く、私の中ではこんなに穏やかな海は初めてだった。

1本目、千島。2本目御神島。
潜降して行く時、水が澄んでいて青かった。
7名とインストラクターさんで行動していたが、それぞれの楽しみ方をしていた。
根や岩に目を凝らし、魚を探している方々。
中性浮力を保ち、ゆらゆら、ふわふわ浮遊感を楽しむ方々。
なぜか、手にシロウミウシを4匹も乗せて見せてくれる方(この行為は良いのか疑問だったが)。
80本目のダイビングの記念に、デジカメで撮影してもらっている方。

私はと言えば、最初はお魚探してキョロキョロしていたが、そのうち下ばかり見ているのがもったいなく感じだし、浮遊感を味わうのんびりダイビングに変更した。
見逃した魚もあっただろうけど、全体の景色が綺麗だったのよ!
割と浅いところに居ると、
日の光を受けた水面がきらきらして幻想的だし、
波が地上の岩に当たって砕け、白く泡立っているのは、ホイップクリームみたいだし、
下に居る人の排気した空気の泡が、細かくなって上っていくのは、フルフル、キラキラしてずっと見ていても飽きなかった。

中性浮力をとり、あまり動き回らず、ゆっくりペースのダイビングも楽しいものだと思った。
今回担当のインストラクターさんが、そういうダイビングが好きだとおっしゃていた。
確かにインストラクターさんによって、ダイビングがずいぶん変わると最近思う。
いろんな楽しみを教えてもらえるので、毎回楽しい♪

今回出会った魚達
スズメダイの群れ、アジの群れ、ベラ、キュウセン、イシダイ(大きいのから小さいのまで)、カワハギ、フグ、グローブの上に居た(笑)シロウミウシ、岩の隙間で目をギョロっとさせていたタコ、グレ、いろんなものに色を合わせていたカサゴ。

ダイブNO.32 福井県高浜町 千島 晴れ時々曇り 気温33℃ 
水温26.8℃ 深度19.1m 潜水時間43分  ファンダイビング

ダイブNO.33 福井県高浜町 御神島 晴れ時々曇り 気温33℃ 
水温25.6℃ 深度12.5m 潜水時間40分  ファンダイビング
[PR]
by mole-mole | 2006-08-23 22:40 | 水中散歩

家内苦情受付係

何となく、そんな係りになっている。

電球が切れたから交換を。
トユが詰まってるし、掃除して。
大型ゴミの申し込みはした?
どこそこが汚れている…。
などなど。。。

いつも生返事ばっかりしているが、今日は上から3つに手をつけた。

玄関が真っ暗だったので、電球買ってきて取り付けましたよ。

トユが詰まっているようで、大雨が降ると屋根から滝のように水が落ちてきて大苦情。
様子を見る為に、ベランダの柵を越えて2箇所点検。
植木鉢からの土や何やかんやが詰まっていたので、取り除く。
あとは屋根(屋上)に脚立を伸ばして上る。
うちの家は簡単に言えば立方体なので、屋上は平ら。
4隅を見て回ると、これまた詰まっていた。
お日様にしっかり温めてもらい、ポタポタと汗を落としながら、何とか大きなゴミは取り除いた。
これで文句は言わせませんよ。ふふふ…。

煮えそうな頭を冷やすために、洗面所で頭から水をかぶる。
冷たいけど、気持ちよかった。
気を取り直して、区役所へ行く。
持ち込みの大型ゴミの申請書をもらって来た。
2.3年前より値上がりしてるよぉ…。
ちょっと、どうするか考えよっと。
3つ目は完全に解決していないが、一歩前進という事で、文句は言わせませんよ。

まったく、私は誰に言っているんだか(笑)。
わかる人は大いに笑ってください。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-21 23:15 | mole缶

地蔵盆、組長の仕事

本日は町内の地蔵盆の日。

私の住む町内は、21の組に分かれている。
その組長はそれぞれ3グループに分けられ、役割が決まっている。
私のグループは10:00からの“子供の福引(0歳から小学生)”と“箱の中身はな~に?”を担当する。

子供の福引。
前日に性別や年齢、学年ごとに分け、商品を袋に詰め、番号札をつけて用意はしておいた。
10:00になる前から続々と人が集まってきた。
順に並んでもらい、引き換え券と交換でくじを引いてもらう。
その番号を読み上げてもらい、100個以上ある中から探し出し、本人へ渡してあげる。
私はその番号の“商品探し隊”をしていましたが…もう汗だくです…。
今回“外孫さん”という言葉を始めて知った。
いわゆる、町内外のお孫さんも参加出来るのだ。
だから小学生までの数がこんなに多いのか…。
参りました。。。

子供の福引の人が減ってきたら、今度は“箱の中身はな~に?”の担当へ。
もう待ちきれないとばかりに、子供達が押し合いながら並んで待っていた。
これもたいへんそう。。。
これは商品を箱の中に入れて直接見えないようにしておく。
子供達は箱に開いた穴に手を入れて、中から手探りで一つ商品を取り出すという遊び。
子供を誘導しながら、その子たちの観察もしていた。
これが面白い。
個性が明らかに出る。
さっと選ぶ子。
「もうええやん…」ってくらい、長いこと箱に手を入れて悩む子。
引いたものを変えて欲しいという子。
箱が怖いのか、手を入れたがらない小さい子。

ひと段落着いたと辺りを見渡すと、潮が引いたように子供達は居なくなっていた。
お目当てが無くなったら、これ?
ま、そんなもんか…。
一緒に担当した組長さん達と、冷たいお茶を飲んでから11:00過ぎに帰宅した。
また午後からは、別の組長さん達が頑張ってくださったことでしょう。

他の町内ってどんなことをしているのだろうと、ふと思った。
私の小さい頃から、お宮さんの地蔵盆はこんな感じだった。
組長をすることで、町内の大人達がこうやって守っていることをしっかりと知るとこが出来た。
明日は大日尊。
私の出番は18:00から。
今度は少し楽な仕事にしてくれているようだ。
今年はちょっと大人な地蔵盆の参加でした(笑)。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-19 19:48 | mole缶

休暇

妹と両親の住んでいるところへ行ってきた。
一泊だけだったが、気分も体ものんびり出来た。

15日am7:30に家を出発、am10:00頃到着。
いつもは妹運転だが、今日は最後まで私の運転で行く。
その日の晩に花火があるというので、それを見に行くのが大きな目的だった。
「我が家が特等席」と言う両親の言葉は、大げさではなく本当だった。
家から少し離れた川原で上げるので、迫力は驚くものだった。
残念ながら、画像は上手く撮れなかったので無し。
一応何枚も撮ってみたけど、その“驚く迫力”を撮りきれていなかったので。

今日、母が主に育てている畑と花壇をゆっくり見て回った。
夏なので、みんなすごい勢いで育っている。
↓オクラ
a0064291_22333046.jpg
↓チビなすと蛙
a0064291_22343438.jpg
↓夏水仙
a0064291_22351260.jpg
↓ダチュラ
a0064291_22353753.jpg
ダチュラは朝鮮朝顔とも言うらしく、開く花は朝顔そっくり(すっかり開ききっていない花が写っています)。
蕾がいくつも写っているが、私はオクラに見えて仕方なかった(笑)。

一番上の画像、オクラがこんな花で、こんな風に実ることは知らなかった。
小さく細い棘がけっこうチクチクしたし。
他にもきゅうり、トマト、大葉、万願寺唐辛子、モロヘイヤ、ジャガイモ、ネギをもらって帰ってきた。
花火を見て、おいしい空気や野菜を食べ、蛙を触ったり、いろんな虫を見て驚き、ちょっと子供に戻ったみたいに楽しかった。

帰宅して、ゆっくり送り火を家から見た。
京都の我が家からは、大文字が小さいがしっかり見える。
「チイちゃん、ばいばい」とこの間死んだ猫を思い、送った。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-16 22:56 | 色  …植物、空

4日間の陶器まつり終了

a0064291_14282093.jpg

7日(月)~10日(木)までの五条坂陶器まつりが終わった。
今年は4日間一度も雨が降らなかった。
これは私が出店を始めて4回目だが、初めてのこと。

この4日間を振り返ると…。
平日ばかりだったせいか、全体的に人出が少なかった。
他の出店者の方に聞いても、やはり意見は同じく、来る前からそうなることを予想して期待せずに望んできたらしい。
年々、人出が減っている。
陶器まつり、もしくは陶器自体に人々の関心が薄くなっているのだろうか?

自分の作品を前に並べて見てくれる方を観察していると、いろんなことを思い、考える。
この時期(夏、そして猛暑)に黒っぽい器は手が伸びにくいのか?
それともただ、好き嫌いがはっきりしていて、選ばれないのだろうか?
黒マットシリーズは男性の方に人気があるようだった。
足を止めてじっくり見て、感想を聞かせてくれる(買う買わないは別で)。
一緒に出店している友人の器は優しい色合い。
女性のお客さんがほとんどだと言う。
性別での好みの違いって少なからずあるようだった。

友人の歩いてくる姿を見つけると、ほっとするし、すごく嬉しくなる。
葉書を出したので、それを見て来てくださる事が本当に有難い。
来られない方も、携帯のメールで応援してくれた。
そんな優しさを活力にして、体温ほどある暑さの中、頑張ることが出来た。
そして、友人と一緒に出店していることも、大きな助けとなっている。
一緒に笑ったり、喜んだり、驚いたり、時にはこっそり怒ったり(笑)。
みんなに感謝したい。

最後に、売り上げは過去4回の中で最悪でした、ははは…。
来年も4日間平日なので、今年を参考にしてまた策を練りたい。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-11 14:58 | 陶器を持ってお出かけ

過酷な4日間の前日

午前中は部屋にクーラーを入れて、布に絵と字を書く。
クーラーって素敵。
こんなに汗かかずに済むなんて!

布に絵と字を書くとは…
工房名を入れた幕を、今年初めて書くことにしたのだ。
自己主張、もっと目立て!という作戦(?)なんだが、どうかなぁ…。

昨日に下書きを済ませ、アクリル絵の具の布への感触を試しておいた。
だが、いざ書こうと思うとなかなか最初の一筆が進まない。
146cm×65cmの白い布。
けっこう大きいが、思い切って書き出す。
高校の時、文化祭での小道具を作っているような気分になった。
何度も離れては見、デジカメに撮って客観的に見、やっと完成する。
a0064291_176473.jpg

午後、テントの設営に五条郵便局前に行く。
今年は荷物もあったので、車で行き五条通りに停めていた。
駐停車が山のように多いので、警察がやっぱり来ます。
この状況を見て、多めに見てくれたらいいのに、さすがは頭が固い。
危うく写真を撮られるところ、「すぐ退かしますから!!」と口先だけで逃げた。
けれど、やはりナンバーを控えられたので、長くは停められない。
ちゃっちゃと準備を済ませ、岐路に着いた。
明日から戦いが始まる。
その前に準備がいっぱい…。
[PR]
by mole-mole | 2006-08-06 17:16 | 陶器を持ってお出かけ