土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

空が高い

a0064291_1825395.jpg

丹波の空。
早々とクラフトフェアの会場に行き、場所取りをしてきた。
その後、近くの両親の家に帰る。
宿代が要らないのは、かなり救いです(感謝)。

明日からこの空の下で楽しみます!
アートクラフトフェスティバルINたんば
[PR]
by mole-mole | 2006-09-29 18:21 | 陶器を持ってお出かけ

待ちきれず、熱いうちに

a0064291_2244788.jpg
昨日の19:00に終わった窯が、やっと100℃を切ったので蓋を開ける。
明日まで待ちきれないので、さっき(21:30)窯出しをした。

ちょっとしたハプニングもありつつ、何とか無事に焚けていた。
わくわくした気分と、不安と、その後のほっとした気分。

a0064291_22102880.jpg
サン板に乗せ、部屋まで運ぶ。
まだ熱いので、明日までここで休んでもらおう。
一通りみんなの顔を見たので、私はもう満足。
今日のお仕事はおしまい。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-26 22:14 | 陶工房でのあれこれ

西の空を見て、慌てて階段を駆け上る

今日はわりと きゅーっ と詰めて仕事をした。
椅子に座ってほとんど動かないけど、それでも結構あちこち疲れていた。

ふと目を上げ、小窓から空を見ると、西の空の夕焼けが見えた。
慌てて2階へ上り、窓を開けてそれを眺める。
a0064291_2075187.jpg
まるで洋画にある空みたいで、天使が飛んでいてもいいと思ってしまう。
「ふぅ~」と口から肺が出てしまうような、大きなため息を落とした。
ため息のつもりは無かったが、息と一緒に“もやもやしたもの”や“今ある疲れ”を落とした。

しばらく涼しい風に吹かれた。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-22 20:15 | 色  …植物、空

窒素が恋しくて(笑)

昨日はダイビングへ行ってきた。
本来なら冠島へ行くはずだったが、波が高くボートが出せないと前日に電話を受ける。
「それなら別の日に、改めて」と「ビーチからのダイビングでも行く」
この2択を迫られ、妹とも相談する。
せっかく行く気になっていたので、止める気になれなかった。
体が窒素を求めてました(笑)。

天気は最高に良かったのに、ボートで出られない…。
少しお日様を恨みながら(お日様に罪はないのに)、陸で機材を担ぎ、パシャパシャ海へ入って行く。
ここはAOWの講習をして以来なので、ほぼ一年ぶり。
どんなんやったかな?と楽しみながら潜降。

。。。あー!
濁ってる~。
台風のせいで、海の中がかき回されたのか透明度は3mくらい。
講習の時より悪い。

気を取り直し、愛しい海の仲間達を探しに行く。
このポイントで大人気の、海底から顔を出しているミナミホタテウミヘビに会うことが出来た。
しかも、あごの下?首?をなでなですることが出来た!
そうすると、ちょっと猫のように気持ち良さそうに首を伸ばしていた(ように見えた)。
なんてかわいいんだろう。

ニジギンポはちょっとした筒や、何かの隙間からぴょこっと顔を出している。
少しの水流でもぱっと引っ込み、またそろーっと顔を出す。
こいつもかわいい動きをする。

初対面の魚は、ユウダチタカノハ。
白地に黒のラインが縦に数本入っていて背びれがかなりギザギザしていた。
コントラストが綺麗だった。

昼食を取り、日の光を浴びながら、まったり…。

十分な休息時間をとり、2本目へ。
衝撃的だったのは、ミナミホタテウミヘビの死骸を見つけたこと。
1本目に見たのとは違う個体だが、長ーく白いおなかを見せ、横たわる1m位のその姿は痛々しかった。
インストラクターさんは頭を抱えて悲しみ、みんなで手を合わせた。

アメフラシの卵をじっと見ていて顔を上げると、そこに居るはずのインストラクターさんが見当たらない!
私と同じところに居たのは妹と、もう一人の合わせて3名。
3人でキョロキョロ…。
視界が悪いので、「しまった…見失ったか?」と少し焦ったが、気が付いて鈴を鳴らしながらインストラクターさんが探しに来てくれた。
しかし、音が何処からするのか、まったく分からない。
数秒後、白いフィンがやっと見えた。
自分の行動に反省し、そしていい教訓になったと思う。

なんだかんだありましたが、やっぱり潜るのは楽しい。
例え3m先しか見えない海でも!
海の中も楽しいけど、陸での仲間との会話や魚の話を聞けるのも、大きな楽しみ。
行って良かった。
多分今年の日本海は、次回のRED講習で最後。
ウエットスーツを着るのも、来年までお預けか…。
そう思って、綺麗に洗いました。


ダイブNO.36 福井県高浜町 音海 晴れ時々曇り 気温28℃ 
水温25.5℃ 深度8.2m 潜水時間45分  ファンダイビング

ダイブNO.37 福井県高浜町 音海 晴れ 気温28℃ 
水温25.7℃ 深度8.9m 潜水時間40分  ファンダイビング
[PR]
by mole-mole | 2006-09-21 22:11 | 水中散歩

ダンギク

a0064291_1841692.jpg
ダンギクが咲いた。
紫の花びらと、青い花粉の雄しべの色合いが綺麗。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-19 18:04 | 色  …植物、空

雨の日、晴れの日

a0064291_176345.jpg
消しゴムはんこ。
雨の日、晴れの日のてるてる坊主を作ってみた。
最近私はよく雨に降られる。
雲行きが怪しいな…と思いながら自転車で外出すると、夕立に遭ってしまう。

a0064291_1723517.jpg
こちらは立体的なてるてる坊主。
てるてるに囲まれてます(笑)。
これで、雨、大丈夫かな?
[PR]
by mole-mole | 2006-09-18 17:24 | mole缶

8×11

8×11=88
ちまちまちまちま…作ったアシ。
その後、一輪挿しに接着。
眠くなる単調な作業。
ちょこちょこちょこ…一個一個接着。
普通では置かないでろう置き方をして遊んでみた。
突起の塔の出来上がり。
a0064291_15342097.jpg
私は時々、こうやって数ある物を作った時、“集合写真”を撮っているなぁと、ふと思った。
基本、遊び感覚だからだろうか。
いつも見ている当たり前の風景を少し歪めたい。
デジカメに移るちょっと違った目線を楽しんでいる。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-16 23:49 | 陶工房でのあれこれ

スープ

すっかり秋の気配。
温かいものでも飲もうかな、と思うようになってきた。
a0064291_22261245.jpg
最近作ったスープカップ。
自分で使うのは今日がはじめて。

木のスプーンで、ふうふうしながら飲みました。
猫舌なので、ゆっくりゆっくり…。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-14 22:30 | 出来上がったもの達

お出かけ予告

今目の前にある目標は、今月末から参加するクラフトフェア。

アート・クラフトフェスティバルINたんば
2006年9月30日(土)・10月1日(日)
県立丹波年輪の里にて

昨年初参加し、今年も参加が決まりました。
青い芝生の上に出店でき、気持ちがいい所です。
お天気さえ良ければ、のんびりするのにぴったり♪


多少は売れて欲しいですが、欲を出しすぎると空周りしそう。
今年の五条坂のように…(笑)。

スポンジのように、
いい空気を吸い、
刺激を受ける物をたくさん見て、
自然を見て目を休め、
人との交流を楽しんできたいと思う。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-13 19:04 | 陶器を持ってお出かけ

EFRの講習を受ける

EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)の講習が4時間程あった。
レスキューダイバーの講習を受ける前に、必ず受けなければならない。

エマージェンシー…なんだって??とまず思う。
緊急時の応急措置、まずどう動くかを勉強した。
前もって冊子で知識を、そして今日は簡単な実践を行った。

AED(自動体外式除細動器)を本物ではないが、実際触ってみることが出来た。
↑これ、気になっていた。
本当に電気ショックを一般市民が出来るのかどうか。
機械にスイッチを入れると、日本語でちゃんと誘導してくれる(ここは日本なので)。
間違ったことをしていると、先には進まないようになっていた。
難しくないように、分かりやすいように作られていた。

以前から応急手当には興味があり、消防署で実施している講習に参加しようと思っていたが、なかなか時間を作れなかった。
こんな機会でもないと、なかなか出来なかったと思う。
あんまり仲が良くないが(笑)、一応87才の祖母とも住んでいるので少しは心得ておかないと。


でも、実際できるか?と言われたら、多分無理な気がする。
動揺して、それどころではないのではないか…。
何と言っても、私は“血”に弱い。
猫の出血(少量の)を見て気分を悪くしたこともあるし、自分の軽い怪我で貧血を起こしたり、一時耳が聞こえなかったりしたこともある。
こんなんで、エマージェンシー・レスポンダーになれるのか?

けど、知っておくことで、何か出来るかもしれない。
そう思いたい。
[PR]
by mole-mole | 2006-09-12 19:22 | 水中散歩