土の中での探し物

mmoollee.exblog.jp
ブログトップ

皆既月食

a0064291_21133194.jpg

今現在、月は元の形に戻ろうとしている最中。
今日の皆既月食をちょくちょく外に出て見た。
欠けていく時は下から形が無くなったが、形が現れる時は左側からだった。
あまり理屈が分かってないから、ちょっと不思議に思えた。

画像は小さすぎだが、形が無くなった時のもの。
消えたはずの月はオレンジ色に透けて見えた。
[PR]
# by mole-mole | 2014-10-08 21:13 | mole缶

これは何?

a0064291_7164759.jpg

長男が玄関先にある花をちぎったので、小さいペットボトルに差して洗面台においた。
すると、数日後に何やら芽が。
すごく不思議。

芽を発見してから数日後にふた葉はしおれてしまった。
しおれてから調べてみたら、この植物の種から芽が出ていた。
花の上の方はまだ咲いていて、下の方から種に変わってきていたので、たまたま発芽したと勝手に推測。
そのままもう少し成長してくれていたらおもしろかったのに。
そうも思ったが、十分『なんだろう?』のハテナをくれたので楽しめた。
[PR]
# by mole-mole | 2014-10-01 07:16 | mole缶

猫の形の穴

a0064291_1732864.jpg

主人のお盆休みの間に、子ども達と両親の家に遊びに行った。
猫のサラも一緒に行き、そしてそのまま両親に預けて帰ってきた。
今はサラと別々に暮らしている。

もう、あれから1ヶ月は経った。
一緒に暮らさなくなり、最初のうちは猫の形の穴があちこちに開いていた。
目に写る風景の中で、サラのよくいた場所だけポカッと黒く猫形になくなっているように見えた。
毎日母に連絡を取り、サラの状態を聞いてあれこれ心配していたが、子ども達との慌ただしい毎日が感傷に浸る時間をくれなかった。
薄情なもので、少し両親(主に母)との生活に馴染んできたと聞いたことと、月日の流れと共に猫の形の穴はあまり見えなくなってしまった。
時々ふと寂しくなることはあるし、首輪の鈴の音が聞こえたような気がすることも、まだあるが。

親とはぐれたサラを最初に家に連れて帰り面倒をみてくれていた、園芸店の女性とそのお子さん達にお詫びをしなければならない。
ちゃんと最後まで面倒をみますと言ったのに、約束を守れませんでした。
ごめんなさい。

サラにもひどいことをしたと思っている。
どうか、今までの環境より伸び伸びと自由に暮らせますように。
それだけはずっとずっと願い続けます。
[PR]
# by mole-mole | 2014-09-19 17:32 | mole缶

見上げれば

a0064291_628089.jpg

もうすっかり秋の空…。

ブログを更新しないまま、随分とたってしまっている。
色々な毎日があったけれど、書かないまま通り過ぎてきてしまった。

今朝はきれいなうろこ雲に気付き、ちょびっとの空き時間があったので写真とブログ更新を。

これからは間を空けすぎない程度に…更新していこうと思ってます。
[PR]
# by mole-mole | 2014-09-17 06:28 | mole缶

小さいけどたくましく

a0064291_15252545.jpg

a0064291_15252579.jpg

今日の子どもとの散歩道で出会ったもの達。
多分羽化したばかりであろうアゲハチョウ。
壁に止まっているアゲハチョウを見つけて近寄ると、アゲハチョウの近くにサナギが。
羽根をヒラヒラとさせて、その場にじっと止まっていたので、まだ羽根をかわかしていたのだろう。
少しの間観察させてもらい、その場を離れた。

次に出会ったのは、小さな小さなカエル。
側溝から這い上がろうとしては失敗していたそのカエルを見ていたら、近くにもピョンピョンしているものがちらほら目に入ってきた。
近くでみんな一斉にオタマジャクシから変身したのかな?

小さな生き物のけなげで、でもたくましい姿に出会えた散歩道でした。
[PR]
# by mole-mole | 2014-07-01 15:25 | mole缶

酔う

a0064291_1644329.jpg

子どもと一緒だと、公園でいろんな遊具で一緒に遊ぶようになる。
特にまだ小さいうちは、滑り台も一緒に滑る、ブランコも膝の上に乗せて一緒にこぐ。

そこで、私は身を持って知る。
ブランコに酔うということを。

最近は次男を膝に乗せてブランコをこぐが、少しすると何やら内臓がもやもやしてくる。
「これは今日だけ?」と言う日が続いたので、ブランコ酔いを認めなくてはならなくなった。
長男がもう少し小さい頃、私の体調が良くないのに一緒にブランコに乗ることになり…。
こぎ続けていたら口の中に唾液がたまってきて、まずいと思い草陰にかくれる。
吐く寸前までいったが、何とかこらえた。
青ざめた私の顔を見て、近くで次男を散歩させてた主人に呆れて笑われてしまう始末…。

近頃の次男は「もっと早く!」と言って私にブランコをたくさんこがせて、きゃっきゃと笑って大喜びする。
その楽しそうな顔を見ているとブランコ乗りを断りきれず、もしかしたら同じ失態をまたやらかしてしまうかもしれない。
あー、早くひとりで乗って…。

ちなみに長男はと言うと。
ひとりで乗るが、まず私が座らせそして揺らしてやる。
自分ではまだこぐことが出来ないので、止まりそうになればまた揺らさなくてはならない。
ただ座っているだけ…。
甘えもあるだろうが、こちらも早く自力でやってのけてもらいたい。
[PR]
# by mole-mole | 2014-06-19 16:04 | mole缶

雨降り、そして晴れ間が

a0064291_0585969.jpg

一昨日のこと、「こっちの空にくっきりと虹が出てるぞ!」と言って義父が家に入ってきた。
私は長男にすぐ靴を履かせ玄関を出た。
雨がまだ降る中、私と長男は傘をさして虹を眺めた。
ぼんやりしたのではなく、はっきりとした虹を見せてあげたいとずっと思っていた。
よく見ると(写真には写りにくかったが)虹は二重にかかっていて、それを子どもに知らせる私の声はさらに弾む。
長男は見えたようで、きれいだねとか、大っきーねとかしきりに言っていた。
次男は少ししてから義母に連れられやってきたが、虹がわかったのかなぁ?

少し経ってから、さっきの自分が恥ずかしくなった。
虹を見て一番はしゃいでいたのは、誰でもない自分ではないか!
真っ先に飛び出して行き、見つけて写真撮って、声を弾ませて…。
子どもより、子どもだ。

また恥ずかしさがぶり返してきたが…、何はともあれきれいな虹を子どもと一緒に見られて嬉しかった。
[PR]
# by mole-mole | 2014-06-14 00:58 | mole缶

四つ葉

a0064291_1113630.jpg

先日子どもと公園で遊んでいた時に見つけた四つ葉のクローバー。
ふと足元にあるクローバーを見ると「あ、四つ葉!」…「あ、これも四つ葉!?」と一度にふたつも見つけた。

見つけたその日は際立っていいことがあった一日ではなかったが、小さな『嬉しい』はたくさんあった。
この日に限らず、毎日小さな『嬉しい』がたくさんあって、小さな幸せをたくさん感じている。
四つ葉のクローバーって、そんなささやかな幸せが毎日たくさんありますよ、とそっと教えてくれるために現れてくれるような気がした。
[PR]
# by mole-mole | 2014-06-06 11:01 | mole缶

こいのぼりにかまれたら

a0064291_6532357.jpg

鯉のぼりにかまれたら、一年元気でいられる!?


4日、たくさんの鯉のぼりが泳ぐ高月町へ行ってきた。
この日は風が強かったので、鯉のぼりはみんな悠々と気持ちよさそうに泳いでいた。
子ども達は最初は鯉のぼりの大きさや多さに驚いたようだったが、その後は頭上より散歩した空き地での遊びの方が楽しかった様子。
まあ…そんなもんかな…。

帰りしなに、鯉のぼりを下ろして一括りにしているおじさん達がいた。
ちょうどその横を次男と一緒に通りかかったら、一番上を泳ぐお父さん鯉が手の届くところに下りてきていた。
近寄って行くと、ニコニコおじさん達は快く触らせてくれ、ついでに「鯉のぼりにかまれたら一年元気でいられるよ?ワハハハ!」と次男の頭にパクッと口を。
びっくりしたし「ほんまに?」と笑ってしまったが、素敵な出会いだった。
[PR]
# by mole-mole | 2014-05-07 06:53 | mole缶

バナナに

a0064291_8402675.jpg

朝、バナナにハートを見つけた。
一緒にいた長男とにっこり。

昨日はちょっと嫌なことあったけど、今日は一ついいこと見つけた!
[PR]
# by mole-mole | 2014-04-23 08:40 | mole缶

にゃにゃ歳

a0064291_16303447.jpg

昨日、サラの誕生日でした。
…でした、だけど…
サラ、7歳おめでとう!

大好きな手触り、ゴロゴロの声、微妙な匂いの肉球(みんなのうたで最近29Qのうたやってて笑えた)。
好きだけどなかなかゆっくり触れ合えてない。
昨日はいつもよりゆっくりと一人と一匹の時間を過ごした。
[PR]
# by mole-mole | 2014-04-21 16:30 | mole缶

海津大崎の桜

a0064291_7274068.jpg

「明日は7時出発。海津大崎の桜を見に行く。」
と前日の金曜日夜に言われ、楽しみよりもまずぐったりしてしまう。
…土曜日も平日と同じ5時起床?
…ゆっくり寝たい…。

翌12日の土曜日。
出発時間は少し遅れたが、何とか子ども達も起こして食事をし、義母義父も一緒に6人で出発。

朝早く出発したおかげで、のろのろ渋滞に巻き込まれずに桜が見られた。
ソメイヨシノや山桜は満開のもの散り始めのものあり、八重のシダレザクラは咲き始めという状況。
なかなか見応えがあり、大満足の花見だった。

大人はそうでも、子どもはそうもいかず…。
行きしはよく眠っていてくれたので助かったが、帰りの道中では次男が泣き出して大変な時間帯も。
そりゃ仕方ないか…桜を愛でる年頃ではないからなぁ。
それでもきれいなものは出来るだけ目に映してやりたいと、勝手な親心でした。
[PR]
# by mole-mole | 2014-04-15 07:27 | mole缶

玄関に春

a0064291_1055167.jpg

サンシュと梅。

義父が畑から持ち帰ってきたもの。
数日前に撮影したが、ここ何日かの陽気でもう満開そして散りだした。
少しの間だったが、ここを通る度に春をたくさん感じさせてくれた。

私の祖母は玄関のお花をいつも絶やさず生けてくれていた。
買ってきた花や庭の花、季節季節私はそれを見て育ってきた。
今はそれがどんなにたくさんの幸せを貰えていたか分かる。

義母も義父もお花が好きだ。
うちの子たちも、いつかそうやって玄関の花を思い出す日が来てくれれば嬉しい。
男の子やし、少し難しいかな…?
[PR]
# by mole-mole | 2014-04-02 10:05 | mole缶

頭から角が

a0064291_7154118.jpg

この石は先日次男が見つけたもの。
石ころで遊んでいた時に「※あみんちゅ、あった」と言い出す次男。(※ハートの形のこと)
まさか石にそんな形があるはずないと思ったのに…あった!
大事にずっと持ち歩いていたのに、ふいにポイッとほかされたこの石を、そっと拾って持ち帰った。

公園での1コマは実に穏やかな空気に包まれているが、その他の時間はもう毎日怒鳴りまくっている私。
一人ずつなら小さないたずらでも、二人寄ると倍増?いやそれ以上のパワーを持ってしまうようで、手が付けられなくなる時も。

長男は最近全く私の言うことを聞かなくなり、ふざけてばかり。
おまけに次男を叩いたり突き飛ばしたりして、よく泣かせている。
優しいお兄ちゃんの時もあるけれど、度を超してやたらに構いたがる。
次男は自我がしっかりしてきて、したいこと、行きたいところを譲らない。

なので、四六時中「こらー!」「あかーん」「危ない!!」「やめてー!!」と叫んでばかり。
その度に頭から角がニョキニョキと生えてるんちゃうやろか、と思う。
怒ってばかりで、自分でもうんざりしてしまう時がふとある。
いいのかなぁ、こんなんで。

そんな毎日なので、なかなかブログも更新出来ずにいる。
この記事も何度書いては保存、書いては保存したことか…。

ぼやいていても仕方ない!
もう春がやってきた。
初夏のような日もあり、お散歩も楽しくなって写真を撮る機会も増えるだろう。
ぼちぼち更新、それが今のできること。
[PR]
# by mole-mole | 2014-03-31 07:15 | mole缶

へんな顔

a0064291_15334247.jpg

a0064291_1533426.jpg

1枚目は「ふ」。
2枚目は横になった「ふ」。…と私たちは見てしまう。

「おかーさん、へんな顔があるよ。」
そう言って「ふ」を人に見立てて遊びだした長男。
「ふ」さんを汽車に乗せたり、話しかけたり。

始めは何を言っているのか全くわからなかった。
カルタに書いてある人の顔かな?と簡単に決めつけて、「そう?変な顔してはる?」なんて返事をしていた。
よくよく聞くと、長男はゆっくり私に教えてくれた。
「これが目、これも目、これが鼻でこれは口だよ。」
ん〜?
あー!わかった!
1画目と4画目が目、2画目は大きめの鼻、3画目は小さめの口。
意味ありげな笑いを浮かべている顔が見えてきた。

ほんま、新発見の達人です。
弟子の私は出来が悪いから、いつも呆れられているようです。
[PR]
# by mole-mole | 2014-01-28 15:33 | mole缶

リメイク

a0064291_23114147.jpg

昨日の午前中、子ども達と雪だるまを作った。
雪だるま作りなんて、何年?いや何十年ぶり!?
7cmくらい積もった雪ではあまり大きなものは出来なかったが、子ども達は大喜び。
最初は白い大小の丸2つを積んだだけで終わり。
次にかぼちゃの皮で丸い目を作り、口はりんごの皮で笑っているように作ってくっつけた。

翌日(今日)、昨日と今日でだいぶ溶けて小さくなり、朝日を浴びて少し後ろにのけぞってしまった雪だるまさん。
何だか少し寂しげになっていたので、あれこれ付け足してリメイク。
最初は長男と小さな鼻を作ってくっつけていたら、横から次男が額にちょこっと塊をくっつけた。
角が生えたとみんなで大笑い。
その後、溶けて小さくなった鼻の上に赤い実の入った塊をくっつけ新しい鼻を、頭の上にはリボンのような形の氷と葉っぱを乗せた。

2日間たっぷり楽しませてくれた雪だるまさん。
明日には消えてしまうのかな?
[PR]
# by mole-mole | 2014-01-20 23:11 | mole缶

2014年スタート

a0064291_2554329.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年を引きずったまま新年を迎えてしまいました…。
テレビでカウントダウンしていた頃、部屋に掃除機をかけていたし、諸々の片付けをしていたらこんな時間に(只今AM2:50)。
年賀状も暮れにしか出せず、元旦到着は無理そうです。

あらら、昨年を引きずるわ、言い訳するわ、新年そうそういけませんね。
更新がのんびりすぎるこのブログ、今年もぼちぼち行きます。
昨年よりはもう少し頑張れたらいいな、が目標です。

では、みんながすてきな一年になりますように。
[PR]
# by mole-mole | 2014-01-01 02:55 | mole缶

壁から見守る

a0064291_23391186.jpg

やったー!
むちゃくちゃ嬉しい!
…と今日は手放しで大喜びした。

なんと長男が初めてトイレでおしっこを出したのだ。
トイレトレーニングをさせたことがある方ならご存知だと思うが、3歳過ぎでは遅すぎる成功だと思う。
なかなか上手くいかず挫折ばかりしていた私。
最近になって何とか布パンツで頑張って続けていたので、今日の成功はとても嬉しい一歩前進だ。

長男の「おしっこ出たよー」と言う声で慌てて補助便座の中を覗き込む。
出ているおしっこを見て、拍手と「やったー!出てるよー。よく頑張ったね。すごいよ!!」とこれでもかと褒めちぎった。
褒めると言うより私ばかりが喜んでいたと思う。

画像にあるように壁には手書きのアンパンマン達。
トイレに来たら小さいシールをカレンダーに貼り、おしっこが出たら大きなシールを貼る約束をしていた。
長男はおしっこが出来たことより、大きなシールを貼ることが出来て嬉しそうだった。

また明日から濡らしたパンツを洗い続ける日々が続くけど、気持ちに元気をもらえた今日は素敵な1日となった。
[PR]
# by mole-mole | 2013-11-21 23:39 | mole缶

次男のいろんな顔

a0064291_14341045.jpg

子どもと一緒に買い物に行った時の話。
私は次男、義母は長男をそれぞれ子どもが座るカートに乗せて買い物を始める。
長男は最初から最後まで、ほとんど立つことなくおとなしく座っている。
しかし次男は退屈するとすぐに立ち上がってしまい、危ないからカートから下ろして歩かせることになる。
歩かせると、水を得た魚のようにあちこちひたすら歩き回る歩き回る…。
ついて回るのに精一杯、買い物どころではない。
それに飽きたのか、今度は自分の乗っていたカートの横を持って押し出した。
親の私は振り回されて困り顔なのに、次男は上機嫌。
そしてすれ違うご夫婦や若い女性に、満面の笑顔を振りまきながら「バーバイ(バイバイ)」と手を振りながらカートを押して歩いていく。
皆さん笑顔を返してくれはるけど、何だか私はとっても恥ずかしくなってしまい、迷走するカートを操りながら「あ、すみません」だの「ごめんなさい」だの、ごにょごにょ言いながら小さくなってついて回る。
この社交性、誰に似たんだろ?

かと思えばこんな日も。

ミニカーが置いてあるおもちゃ売場から離れるために、無理やり手にしていたミニカーを置いて連れて行こうとしたら、泣き出した。
泣き方は次第にエスカレートし、抱いている腕の中で体を反らせるわ、手足をバタバタさせるわで、すごい声で泣きわめき出す。
床に下ろすと寝転んで泣きわめくので、抱いたまましばし格闘。
周りの視線は迷惑と同情。
「どうしたのかなー?」と次男に声をかけてくれた女性も、数秒で逃げてしまった。
ひたすらなだめ、抱き方を変えたり、違うものに意識を向かせようと「これ見てー、かわいいね」と言ってみたり、必死の時間が経過。
そして急に静かになったかと思えば、腕の中で眠りに入るところの顔に。
あー、やれやれ…。
この気性の激しさ、誰に似たんだろ?


…私っぽい(笑)。
[PR]
# by mole-mole | 2013-11-04 14:34 | うちの子ばなし

小さな戦い

最近、カメムシが多い…。小指の爪より小さな、丸く茶色いアイツだ。
ほんまにほんまに嫌だ。
洗濯物を取り込むのに細心の注意を払わないと、後でえらい目に遭うことに。

最初は見つけたら「ふうっ!」と勢いよく息で吹き飛ばしていたが、それではまたやって来るから意味がないと義母に言われ、どうしたものかと考えた。
潰すのは嫌だしなぁ。
そこでふと思い出す。

以前のバイト先で、信楽から来る新聞梱包された陶器にカメムシがよく付いてきていた。
カメムシをそっとガムテープにくっつけて、潰さずに折りたたむことを教えてもらった。
これなら臭くない!

でやりました。
本日の駆除は10匹。
明日からもまだまだ、まだまだ続く…。
[PR]
# by mole-mole | 2013-11-01 16:43 | mole缶